歯が溶ける!?酸蝕歯とは|川越駅3分・本川越駅8分の歯医者|ライフ川越歯科

大型無料駐車場完備

全室個室診療

キッズコーナー

無痛治療

急患対応・当日予約承ります埼玉県川越市脇田本町23-33

お問い合わせ・ご相談

0120-248-301

セカンドオピニオン・各種無料相談受付中

歯が溶ける!?酸蝕歯とは

投稿日:2018年4月3日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは!ライフ川越歯科のスタッフです(^^)/

むし歯は、むし歯菌が出す酸で歯が溶けることは

皆様ご存知かと。

最近、テレビやCMなどでも「酸蝕歯」という言葉を耳にしたことはありませんか?

酸蝕歯は、食べ物や飲み物に含まれる酸で歯が溶けます

※写真・・・クインテッセンス出版「歯科医院で患者さんにしっかり説明できる本」引用

むし歯は、

歯の溝や歯と歯の間など、汚れの溜まりやすい場所から歯が溶け始めるので

むし歯のできる範囲は限られています

それに対して酸蝕歯の原因となる食べ物や飲み物は

お口の中全体いき渡りますから、広範囲の歯に被害が拡大します。

 

皆さんがよく口にされる飲み物は何がありますか?

㏗5.5を下回ると歯のエナメル質が溶けやすい状態になります。

例えば、

ビール約㏗4.0、柑橘系ジュースやポカリスエット約㏗3.5、コカ・コーラ㏗2.2など。

※メーカーにより若干差はあります。

 

このような物を時間をかけてちびちび飲んだりしていると、

酸が歯に触れる時間が長くなって酸蝕歯になる可能性が高まります。

また、飲み物だけではなく、みかんやレモンなどの柑橘類、酢の物なども同じです。

 

予防法としては

①嗜好品をやめることはストレスにもなるので、まずは摂取頻度を減らすこと。

②食後、30分ぐらい時間をおいてから歯を磨く。

③摂取後水やお茶などで中和する。

 

いつのまにか歯にヒビが入っていたり、歯が欠けやすかったり、

冷たいものがしみてきたり、、、

 

もしかしたらあなたも酸蝕歯かもしれません!!

定期的に歯の検診をすることは重要ですね(^^♪

 

ライフ川越歯科
〒350-1151
埼玉県川越市脇田本町23-33 G&Rockビル1F
☎0120-248-301
川越駅西口 徒歩3分
本川越駅東口 徒歩8分
提携駐車場有り 大栄パーク脇田本町第3駐車場

トップへ戻る