歯科治療での銀の詰め物や被せ物で金属アレルギーに?|川越駅3分・本川越駅8分の歯医者|ライフ川越歯科

大型無料駐車場完備

全室個室診療

キッズコーナー

無痛治療

急患対応・当日予約承ります埼玉県川越市脇田本町23-33

お問い合わせ・ご相談

0120-248-301

セカンドオピニオン・各種無料相談受付中

歯科治療での銀の詰め物や被せ物で金属アレルギーに?

投稿日:2018年10月1日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは!ライフ川越歯科のがんちゃんです(*'ω'*)

今日は歯科での金属アレルギーの可能性についてです。

最近やっと秋らしくなってきましたが、暑い夏ネックレスなどを付けてたら赤くなったりかゆくなったりした事がある方、結構いませんか?

普段は大丈夫なのに・・・

汗をかくとその汗に金属が溶けだして、イオン化して体内に入り込むことで金属アレルギーが起きてしまうそうです。

これは局所性のアレルギーで金属に触れている部分やその周囲に赤みやかゆみが出ます。

歯医者さんで治療して銀の詰め物や被せ物で金属アレルギーの可能性があるのは

全身性金属皮膚炎というものです。

これは詰め物や被せ物の金属が唾液によって溶けイオン化し、体内に吸収されることが原因です

ただ、銀の詰め物や被せ物を入れたからすぐになってしまうものではなく、

5年以上の長い年月をかけて皮膚に高い濃度で排出された時に、初めて湿疹などの症状となって表れます。

見た目だけでなく、身体の事を考えても金属じゃないものが良いですよね。

次回金属じゃない詰め物と被せ物のお話です。

 

 

ライフ川越歯科
〒350-1151
埼玉県川越市脇田本町23-33 G&Rockビル1F
☎0120-248-301
川越駅西口 徒歩3分
本川越駅東口 徒歩8分
提携駐車場有り 大栄パーク脇田本町第3駐車場

当院ではカリソルブ治療も行っております。

 

 

トップへ戻る