加齢と歯並びの関係③|川越駅3分・本川越駅8分の歯医者|ライフ川越歯科

大型無料駐車場完備

全室個室診療

キッズコーナー

無痛治療

急患対応・当日予約承ります埼玉県川越市脇田本町23-33

お問い合わせ・ご相談

0120-248-301

セカンドオピニオン・各種無料相談受付中

加齢と歯並びの関係③

投稿日:2018年10月23日

カテゴリ:スタッフブログ

みなさんこんにちは!ライフ川越歯科のあっちゃんです☺

 

前回に引き続き、加齢と歯並びの関係原因についてお話します。

 

口腔習癖

唇を吸う癖、舌で前歯を押し出す癖、口呼吸、歯ぎしりや食いしばりなど、人には様々な口腔習癖があります。このような不必要な力が加わり、歯並びが悪くなります。

歯周病

歯周病が進行すると歯を支えている骨が溶けて歯が動きやすくなります。下の前歯が重なり合い、上の歯が前に出る(出っ歯)という特徴的な症状は、重度の歯周病患者に多く見られます。

嚙み合わせ

歯の治療や、噛む面がすり減ることによって嚙み合わせがずれていきます。すると歯ぎしりや食いしばりなどの症状が出て歯並びが悪くなったり歯周病も悪化させることになります。

 

治療法としてすぐに予防できるのがナイトガードと呼ばれるマウスピースです。

基本的には寝ているときに装着し、歯にかかる負担を減らします。

もちろん、嚙み合わせや歯周病の治療なども同時に進めることが望ましいです。

 

ライフ川越歯科
〒350-1151
埼玉県川越市脇田本町23-33 G&Rockビル1F
☎0120-248-301
川越駅西口 徒歩3分
本川越駅東口 徒歩8分
提携駐車場有り 大栄パーク脇田本町第3駐車場

当院ではカリソルブ治療も行っております。

 

 

 

 

 

トップへ戻る