歯科の麻酔、切れる時間はどれくらい?③伝達麻酔|川越駅3分・本川越駅8分の歯医者|ライフ川越歯科

大型無料駐車場完備

全室個室診療

キッズコーナー

無痛治療

急患対応・当日予約承ります埼玉県川越市脇田本町23-33

お問い合わせ・ご相談

0120-248-301

セカンドオピニオン・各種無料相談受付中

歯科の麻酔、切れる時間はどれくらい?③伝達麻酔

投稿日:2018年12月7日

カテゴリ:スタッフブログ

みなさんこんにちは!ライフ川越歯科のあっちゃんです☺

関東は今晩からとても寒くなる予報ですね(>_<)

皆様、風邪を引かぬようお気を付けください(^O^)

 

前回に続き、麻酔のお話です。

伝達麻酔

下顎の骨は厚みがあり、浸潤麻酔だけでは麻酔が不十分なことがあります。

そこで下顎の一番奥の方に麻酔をすると、麻酔をした側の下顎全体が麻痺します。

脳に向かう歯の神経を直接麻痺させるので、奥歯の治療で確実な麻酔効果が得られます。

しかし、治療とは関係のない唇や舌など広範囲に麻酔薬の作用が及び、なかなか麻酔効果が抜けにくいという欠点もあります。

また、伝達麻酔の持続時間は長く、4~6時間近くになることもあります。

親知らずの困難な抜歯に用いることが多いです。

 

 

ライフ川越歯科
〒350-1151
埼玉県川越市脇田本町23-33 G&Rockビル1F
☎0120-248-301
川越駅西口 徒歩3分
本川越駅東口 徒歩8分
提携駐車場有り 大栄パーク脇田本町第3駐車場

当院ではカリソルブ治療も行っております。

 

 

トップへ戻る