母乳とむし歯の関係|川越駅3分・本川越駅8分の歯医者|ライフ川越歯科

大型無料駐車場完備

全室個室診療

キッズコーナー

無痛治療

急患対応・当日予約承ります埼玉県川越市脇田本町23-33

お問い合わせ・ご相談

0120-248-301

セカンドオピニオン・各種無料相談受付中

母乳とむし歯の関係

投稿日:2018年7月31日

カテゴリ:スタッフブログ

みなさんこんにちは!ライフ川越歯科のあっちゃんです☺

今日は母乳とむし歯の関係についてお話します。

 

歯が生えていないお口の中には虫歯菌はいません。歯が生えた時点で、むし歯の原因菌がすみつくようになります。

歯に汚れが付いた状態で母乳を飲みながら寝てしまうと、そこに含まれる糖質を分解し、プラークを作って増殖します。その時、酸を産生するのでエナメル質表面に脱灰が生じやすい状態になります。

それが虫歯の始まりです。

 

母乳は栄養学的にも精神学的にも利点があると言われています。特に精神的安定には効果があります。昔は『断乳』と言って、無理やりやめさせるようなこともありましたが、今は『卒乳』と言って、その親御さんにあわせた時期でやめていくことが良いとすすめられています。その分、母乳の時期が長いからむし歯になったと言われてしまうのかもしれません。

母乳そのものにむし歯の原因があるというよりは、プラークや食べかすが残っている状態で母乳を飲んで、歯磨きをしないで寝てしまうという、悪条件が重なることでむし歯になりやすくなります。

お口の中の清掃状態と母乳とが、うまくバランスが取れるようにすることが大切です(^^)/

 

ライフ川越歯科
〒350-1151
埼玉県川越市脇田本町23-33 G&Rockビル1F
☎0120-248-301
川越駅西口 徒歩3分
本川越駅東口 徒歩8分
提携駐車場有り 大栄パーク脇田本町第3駐車場

 

トップへ戻る