少し大きい虫歯の治療・・・詰め物の種類|川越駅3分・本川越駅8分の歯医者|ライフ川越歯科

大型無料駐車場完備

全室個室診療

キッズコーナー

無痛治療

急患対応・当日予約承ります埼玉県川越市脇田本町23-33

お問い合わせ・ご相談

0120-248-301

セカンドオピニオン・各種無料相談受付中

少し大きい虫歯の治療・・・詰め物の種類

投稿日:2018年1月22日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。ライフ川越歯科のスタッフです。

前回型取りのところまでお話しました。

今回は詰め物の種類についてです。

保険治療ですと銀のインレーになります。

自費ですと白いセラミックインレーが出来ます。

このセラミックは、プラスチックや銀と違って、汚れがつきにくく着色もしにくいです。

銀のインレーや被せ物は劣化し金属が溶け出し、歯や歯茎の黒ずみの原因となることがあります。

接着剤も自費と保険では使う物が違います。銀のインレーですと、接着剤も年月の経過で溶け出し隙間ができます。そこから虫歯になる可能性がセラミックインレーより高くなります。

二次虫歯になってしまうと、さらに削らなければなりません。インレーではなく被せ物になったり、神経の治療にもなるかもしれません。

長い目で見ると、自費の物の方がアレルギーの心配もなく、治療にかける時間もお金も少なくて済むのです。

だからと言って、じゃあ自費にします!と簡単に言える金額ではないかもしれません。

永久歯は失くしたら生えてはきません。

歯を損なうという事は、補う事は出来ても元通りにはなりません。

治療した歯は、寿命が短くなります。

そして元の状態に近いように治療となると保険も効きません。(例えばインプラントは1本約30万円)

なので、何回も言いますが普段からの歯磨きと定期的なお口のおそうじが、とても大切な事なんです。

 

ライフ川越歯科

〒350-1123

埼玉県川越市脇田本町23-33 G&Rockビル1F

☎0120-248-301

川越駅西口 徒歩3分

本川越駅 徒歩8分

提携駐車場有り 大栄パーク脇田本町第3駐車場

 

 

 

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る